過去の記事一覧

    Q1:HPLCカラムを長く使うためのポイントは?

    カラムメーカーが提供する使用法を守ってご使用ください。一般的なHPLCカラムの取扱注意点は、以下のことが挙げられます。 1.通液可能な溶媒、pH範囲を守る。 2.カラム内で緩衝溶液の塩が析出しないように注意する。 …

    Q2:カラムが壊れる原因について教えて下さい。

    主に化学的要因(1 - 5項)と物理的要因(7, 8項)に大別され、以下の様な要因があります。 1.酸性条件での充てん剤結合相の脱離 2.アルカリ条件での基材シリカゲルの溶解 3.汚れの不可逆的な吸着 4.不溶成…

    Q3:C18カラムで水100%の移動相を使用するには?

    C18カラムに水100%移動相を流すと、保持が変動したり、減少したりすることがあります。 改善方法を以下に示します。 1.5%以上有機溶媒を混合し、水100%の移動相をなるべく使用しない。 2.使用前に50%程…

    Q4:化学的安定性の高いカラムについて教えて下さい。

    カラムの安定性は充てん剤基材、固定相の化学的安定性、充てん技術、カラムハードウエアの総合的な性能に依存します。充てん剤の改良によって化学的安定性を改善させる方法を以下に示します。 1.結合相の脱離を防ぐ ・ かさ…

    Q5:カラムの洗浄法について教えて下さい。

    カラム洗浄の基本は、そのカラムがどの様な使用履歴(移動相・注入試料)を持つか、その使用条件で発生する汚れの種類と除去方法について考慮する必要があります。 カラム洗浄の際、以下のことに注意する必要があります。 1.…

    Q6:タンパクなど生体試料の汚れを除くには?

    低分子系の汚れとは異なり、タンパク試料の汚れは複数の相互作用によって充てん剤表面に吸着しているため、有機溶媒100%は適した洗浄溶媒ではありません。多くの生体試料の汚れは有機溶媒 / 緩衝溶液や酸、イオンペア剤等の混合溶…

    Q7:カラムの保管方法について教えて下さい。

    通常の使用では下記の手順で洗浄後保管してください。 1.緩衝液を用いた場合、緩衝溶液の塩を除いた溶媒で洗浄する。 2.有機溶媒濃度を上げた移動相、もしくは溶出力の強い溶媒で洗浄する。 3.保存溶液(カラム…

    Q8:カラムの詰替え(再充填)はできますか?

    可能です。弊社では使用後のカラムをご返送頂ければ、値引き価格で詰め替えサービスを行っています。カラムの詰替えは環境的な資源節減や分析のコストダウンの観点からも有用ですのでぜひご検討ください。 ※一般的な使用で劣化し…

    Q9:HPLCカラムは自分で作れますか?

    可能です。弊社では全自動スラリー充てん機を販売しています。専用プログラマーにより、充てん操作は容易で、再現性の高いカラム作成がラボ内で実施できます。弊社のノウハウによる専用スラリー溶媒もご利用いただけます。…

    Q10:カラムの逆洗浄は可能ですか?

    カラムの銘柄によってはできないものがあります。適正に充填されたカラムは逆方向から送液しても問題ありませんが、多くのカラムメーカーは送液方向を指定しています。 2ミクロン以下の充てん剤を充填したカラムはメーカーによって、…

製品案内

HPLCアプリケーション

HPLC application

ページ上部へ戻る