Q7:カラムの保管方法について教えて下さい。

  • 2015/7/9

通常の使用では下記の手順で洗浄後保管してください。
1.緩衝液を用いた場合、緩衝溶液の塩を除いた溶媒で洗浄する。
2.有機溶媒濃度を上げた移動相、もしくは溶出力の強い溶媒で洗浄する。
3.保存溶液(カラム出荷時の移動相)で洗浄する。
4.カラム両端に密栓をして保管する。

<封入溶媒について>
・短期保管:塩を含まない移動相でも可(有機溶媒50%以上を推奨)
・長期保管:カラムの出荷時の溶媒

<保管状態について>
・カラムエンドを密栓して乾燥を防ぐ。
・衝撃や急激な温度変化の無い場所で保管する。
・封入溶媒、使用状況などを記録して共に保管する。

※保管中にカラムを乾燥させてしまった場合。→多くの場合は問題なく使用できます。カラム内の気泡を除くため、カラムの下から上方向に送液して気泡を除いてください。

製品案内

製品のお問い合わせ お問い合わせフォームへ
お急ぎの方はお電話ください。
06-6787-5551
大阪府東大阪市高井田中3丁目10番7号
株式会社ケムコプラス

更新情報

ページ上部へ戻る