ChemcoPlus nNews2(2017-02-01)

逆相液体クロマトグラフィー用カラムの選択1:酸性薬物の溶出挙動

逆相液体クロマトグラフィーでは充填剤の疎水性の程度と構造によって保持時間と溶出順序が決まる。
次に4種の逆相液体クロマトグラフィー用に開発された充填剤の特性を酸性薬物の溶出順と相対的保持時間で比較する。この結果は一般論として逆相液体クロマトグラフィーの分離条件の検討に応用できる。

news02_1

news02_2

news02_3

news02_4

ChemcoPlus nNews 2のカタログはこちら ≫


bt_contact

製品案内

製品のお問い合わせ お問い合わせフォームへ
お急ぎの方はお電話ください。
06-6787-5551
大阪府東大阪市高井田中3丁目10番7号
株式会社ケムコプラス

ページ上部へ戻る